【恥のかき捨て】旅先でのセックス【長文で抜く!】

MENU

旅先での突然の出会いからのセックスとかしてみたい!

今回紹介しますスレッドは非常に気合の入った長文でのエッチ体験談スレッドです。テーマは旅先でのセックスについてです。いや~男だったら確実にエロ動画で検索しちゃう様な夢のような体験ですよね。だって、旅館なんてまず女一人旅って時点で確立が低いですからね(笑)そんな女性を見つけてしかもナンパからのセックスをその日に済ますなんてかなり運もいると思いますし、ナンパテクニックも相当必要です。第一、自分も一人旅している状況でないと難しいのですから(笑)時間とお金に余裕があれば道楽でナンパ旅みたいな感じでやってみたい夢って感じですね。

旅先でのセックス

しかし今回のスレッドに登場する長文の体験談は読み応えがあります。なんとなく焦らしテクニックの上手さが文章からも伝わってきます(笑)妄想や想像でここまで書くのは難しいと思うのできっとイケメンでナンパ慣れした人の実体験なんだなと感じますね。何だか私みたいな出会い系やツーショットでヤリマン女ばかりを狙っている自分が恥ずかしくなります(汗)

 

まあ、この様な経験を現実的に味わうならスキーやスノボー辺りリゾート施設なんかが狙い目なんじゃないかと思います。女子大生同士で来ているギャルなんか男遊びも激しそうなんてナンパして一発!なんて経験も十分ありえそうです。後は何気に海外旅行先なんかもナンパしやすいかと思いますね。ハワイやグアムなんかはセックス目的で来ている日本人女も多そうですしね。ワンランク上のホテルに泊まってナンパのネタとして利用すればホイホイとついてきそうです(爆)

1: えっちな18禁さん 2013/10/16(水) 05:12:42.79 ID:00qcWC3k0
ありそうでなかった旅行Hスレ。
思い出を書いてけ。


5: えっちな18禁さん 2013/10/18(金) 06:08:52.55 ID:VS6QiP890
ロマンがあるなぁ


6: えっちな18禁さん 2013/10/19(土) 03:59:27.73 ID:8gvuRQTQ0
旅館の仲居さんが狙い目


7: えっちな18禁さん 2013/10/19(土) 23:55:00.12 ID:VoH/he/u0
今の時代、旅行予定をネットに晒してる女の旅行先に行って、気が合う人との運命的な出会いを装った方が効果あるような。
俺も未婚に混じって女子会旅行で近くに来た人妻を、偶然装って友人と飲み会で同じ店に行って、
ネットで調べて予想していた話題が出た時に、会話に入って合コン風に持ち込んだ。
未婚に遠慮して合わせるどころか、
自分からグイグイ来ていた感じだったから、
逆に未婚が空気を読んで、友人連れて二次会に行った。
こうなれば後はこっちのもんで、余裕でホテルに連れ込めた。
案の定欲求不満爆発させてきて最高だったわ


8: えっちな18禁さん 2013/10/20(日) 13:48:05.36 ID:0I3vwVCSP
できる男や!


10: えっちな18禁さん 2013/10/22(火) 20:45:42.59 ID:ZOcyZM3H0
山奥の住み込み従業員か、大温泉街の大きな旅館の従業員が狙い目。


12: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 14:33:02.54 ID:eehXzhWR0
去年の冬、俺は女友達と二人でスキーをしに秘境の地にあるスキー場に行った。
運転が怖いからとアッシーにされたのだ。
そいつの紹介で、秘境の地のスキー場を完全にモノにしているテクニシャンババァがしている民宿的な所に泊まったのだが、
彼女の知らない女が新しく入っていた。
聞けば、一流ホテルに勤めてたが離婚して、
共通の友人が不憫に思い、秘境の地ではあるけどと、ここの民宿を紹介したらしい。


13: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 17:58:59.80 ID:X2RonNsO0
民宿に娘と来ていて、休みの日は、民宿の近くの家に娘と住んでるらしい。
スキーはしないらしいが、元々北海道に住んでいただけあって雪には慣れていて、一流ホテルに勤めていただけあって、立ち居振舞いも良かった。
以前はババァの友人が手伝いに来ていたらしいが、彼女の働きぶりを見てたまに手伝いに来る程度になったらしい。


14: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 18:45:06.61 ID:y7QsLaWo0
娘は人懐っこく、俺と女友達が民宿にたどり着き、はさみ将棋した後に部屋で寝ていると、部屋に入ってきた。
目を覚ました俺が驚くと、友人も起きた。
一人で将棋をしていた。
「ねぇ、将棋しよ」
俺がする事になったが、かなり強かった。
明るい娘で、声で気付いた母親が入ってきたが、構わないのでと伝えると調理場に戻って行った。
暫くすると敗戦濃厚になり、
運転しなかった女友達は、「負けてるやん(笑)」と言ってスキーをしに行った。


15: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 21:09:09.22 ID:bff3+2gM0
運転で疲れてた俺と彼女は何戦か将棋をしながら話していた。
客は人づたいか女だけの少人数だけの客じゃないと断るから滅多に来ないが、
テクニシャンとはいえババァだから身の回りの世話であまりうちには帰れない事、
ババァになついている事、
村の人達から貰う物や、自給自足で生活している事を知った。
養育費と年金で生活出来てるわけかと、都会暮らしに慣れた俺には驚きだった。


16: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 21:22:10.96 ID:GjVaieik0
暫くすると下から男の声がした。
「おーい、おーい」
彼女の親が上がってきた。
「ほら、いくよ」
「いやや、将棋するー」
「俺はかまいませんよ」
彼女の親はすみませんと謝って下りて行った。
来たのは、食料の買い物に好き好んで連れて行くアッシー男らしい。
ババァが残る事もあるが、その男が独身で評判が良くないからと、よほどの事がないとついて行くらしい。
「あんたの親が来るまではあいつは来た事が無かった」と愚痴っていたらしい。
当然普段は彼女も行くらしいが、
客だけ残す宿なんて初めて聞いた。


17: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 21:25:30.35 ID:HVhVRGcU0
男の声がした後、彼女は挙動不審になり、ババァが出ていくと、
意を決したようにグイっと近寄ってきた。
俺が身を引くと、
「ねぇ」
「何(笑)」
「チューしよ」
「はっ!?」
俺は断ったが彼女は聞かない。
将棋負けてるじゃないかとか難解な事を言いながら迫ってきた。
応じないと分かると、彼女は俺の布団の中に入り、ゴソゴソしだした。
「何してるん?」
「寝るの」
「そうか(笑)」


18: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 21:28:33.80 ID:EATfG4vS0
布団の中から答えた彼女に不覚にも萌えたが、
「裸でな」
と言ったのを聞き、俺は一瞬固まった後、背筋が凍った。
布団から彼女が服を投げ出した。
俺は慌てて布団の方に駆け寄った。
「何してんの!!」
彼女の手がそっと出て、白い物を置き、手を引いた。
スポブラだった。
俺はパニックになった。
後残るはホットパンツと下着のみ。


19: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 21:32:15.18 ID:+fOH/W5S0
無言の時間が流れた。
ジャッという毛布にくるまるような動きをした摩擦音がゴーサインになった。
布団と毛布を剥ぎ取ると、彼女の目で、彼女が驚いているのが分かった。
胸の前で腕をクロスさせた彼女の肩を引き、仰向けにさせた。
彼女が怯えた目でこっちを見ている。
彼女の小さな胸の上下の動きで息が荒いのも分かる。
俺も興奮が高まり、彼女の膝に跨がって腕を掴み、
クロスさせた腕を開こうとすると、一瞬力を入れたが、すぐにすんなり胸を露にした。


20: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 21:42:28.55 ID:nxnirzkf0
娘っていくつぐらいなんだ?


22: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 21:55:40.14 ID:TS9ZRakX0
胸を触ると、小さい胸だったが、今までの女とは弾力が違った。
彼女は顔を背け、毛布で顔を覆った。
毛布を取り上げて小さく膨らんだ胸を揉んで可愛らしい乳首を摘まむと、両手で顔を隠した。
俺は、彼女の乳首に吸い付き、口に含んで舌で舐め回した。
舌触りも最高で、興奮しきって責め、彼女は時折声を漏らしながら感じていた。
彼女の白い足のさわり心地も最高だった。


23: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 22:15:45.97 ID:XxmMKVon0
舐める場所を次第に下へ下へと移動させ、ホットパンツに手をかけた。
彼女は右手で俺の右手を握った。
手は震えていた。
彼女の右脚を肩の後ろにやり、大腿部にキスをして舐めると、彼女は、俺の手を誘導し、ホットパンツのフックを外させた。
ホットパンツを掴み、下ろすのを少し妨げたが、白い下着だけになった。
俺は、開脚させ、彼女の顔の方を見ながら、割れ目の近くにキスをした。
枕を掴み、「ウウッ」と歯を食いしばって喘いだ。
割れ目のそばを中心に執拗に舐めて焦らした。


24: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 22:19:17.56 ID:xGh/Pw8b0
頃合いを見計らい、彼女に言った。
「早く裸にならないと誰か帰って来るんじゃない?」
間を置いて彼女は、枕を掴んだ手を離し、彼女は自ら下着に手をかけた。
俺は下着の上から割れ目を舐め、指で押した。
「脱ぐから、何もせんで?」
俺は起き上がり、バックからタオルを取りだし、急いで服を脱いだ。
俺が、女友達ともしもの時の為に持ってきたゴムをはめると、彼女は下着を下ろした。
割れ目が露になった所で、俺が下着を掴んでゆっくり脱がせた。
まだ綺麗な割れ目が見えた。


25: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 22:28:40.34 ID:MDpoqLOQ0
俺はタオルを彼女の尻の下に敷き、割れ目に息がかかる所まで近付けた。
少し濡れているのが分かった。
俺が何もせず、割れ目を直視していると、彼女が脚をバタつかせるように動かし始めた。
俺は両肩で腕を巻き付けて脚を抱えるようにし、ほんの数センチの所で見続けた。
彼女がバタつかせた脚が背中を叩く。
「はやk…」彼女はその先を口にするのを思いとどまったが、俺はそれを聞いて舐め始めた。
彼女は「アアッ!!アアッ!!」と喘ぎながら腰を前後させる。
間もなく体を痙攣させ、
中から液が勢いよく吹き出した。


26: えっちな18禁さん 2013/10/26(土) 23:09:06.87 ID:gE8gekD60
彼女はピクッピクッと震え、さっき味わった快感を再び求めるかのように、腰を動かし始めた。
俺は、起き上がり、彼女の右脚を抱えた。
彼女はうっとりした表情で右を向いている。
「指、中に何本入れて良い?多い方が良いんだけど」
「一本…」
目を反らしたまま答えた彼女に何も答えずにいると、
「二本…」
俺は再び答えず、人差し指で彼女の割れ目をなぞった。
「二本っ」
と彼女は懇願するように言った。
俺はそれを聞き、二本の指をゆっくり入れた。
「アンッ」と彼女は可愛らしい声を漏らした。
俺は堪らなくなり、彼女にキスをした。


27: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 00:27:08.85 ID:abdUMefH0
彼女の中からクチュクチュと音がし、彼女は口を離して喘ぎ、再び絶頂に達した。
キスをし、交尾の時を待ち構えていると、車が戻って来た音がした。
ハッとしたように俺と彼女は目を合わせ、服を着た。


28: 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:20) 2013/10/27(日) 07:08:42.24 ID:yxYuJWqz0
かわまん、続けろ


30: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 09:31:44.74 ID:2zPPu3pW0
彼女はブラをせず、服を着た後も握っていた。
俺が彼女の愛液で濡れたタオルをどうしようか悩みながら持っていると、
彼女は目を僅かに下向け、自分のブラを差し出し、タオルの上に置いて「あげる」と一言だけ言って部屋から出て行った。
俺は、愛液で濡れたタオルにスポブラを巻いて処理をした。
だが結局、この時処理する必要は無かった。


32: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 11:20:02.81 ID:IrdS08Gg0
俺が処理を終え、ビニール袋にタオルを入れ、携帯も圏外でする事もなく下に降りると、彼女はババァ達の手伝いをしていた。
ババァはアッシー男に手伝わせる事なく帰し、
三人で買ったものを入れ始めた。
彼女は目を合わさなかったが、
「兄ちゃんも手伝ってや」
と言ってきた。
「何言ってんの!もう」
笑いながら俺は手伝い、彼女の母親は遠慮がちだったが、ババァは何も言わなかったので、俺が押し切る形で手伝った。


33: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 12:01:53.13 ID:HgUuaY920
その後、こたつに座り、出して貰ったお茶を飲みながら彼女とテレビを見ていると、彼女が俺の顔を見て言った。
「なぁ、兄ちゃんて彼女から置いてけぼりにされてんの?」
俺が笑っていると、彼女の親が彼女の頭を叩きに来た。彼女は構わず言った。
「散歩行く?何もないけど案内する」
「行こうか」
彼女の親は恐縮して遠慮していたが、二人で出て行った。
彼女の親とババァはキョトンとしていた。
彼女は、さっきした事など記憶にないかのように振る舞っていた。
しかし、「初デートや」という彼女の言葉は聞き逃さなかった。


34: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 12:10:10.22 ID:uxFgXM4N0
彼女は山と山の間から遠くの景色が見える場所に行き、暫く自分の身の上話をしてきた。
降雪で見えない山と山の間を見ながら暫く話すと、帰り際に彼女はキスをしてきた。
帰ると、女友達が料理の手伝いをしていた。
彼女はババァ達のいない所で、女友達にかなり冷たく当たった。
女友達はその理由まで察し、肘で俺を小突いてきた。
女友達と話していると、ババァ達の目を盗んで話を遮り、
「後でまた将棋教えて」
と言ってきた。


35: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 12:20:57.96 ID:P55vQEac0
夕食の場はババァのスキー経験の話で盛り上がった。
スキーの話だけで女友達とババァは完全に意気投合していた。
俺もテクニシャンババァの話術にすっかり引き込まれて楽しい時間だった。
その後、流石に空気を読んだ親が、
「今日は帰ろうか」
と彼女に切り出した。
親も、俺達の目の届かない所でかなり言っていたのか、彼女はふて腐れて黙っていた。
そこで、女友達が切り出した。
「お姉ちゃん達と将棋しようか?」
意外な味方の登場で彼女の顔は一気に明るくなり、
「うん!」
と答えた。
結局、親は申し訳なさそうに一人で帰って行った。


36: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 12:25:00.19 ID:e7S5tzhR0
「お姉ちゃん何飲みたい?」
彼女の親が見えなくなるまで見送った俺を置いて、
彼女は嬉しそうに女友達と話しながら、ババァと三人で中に入って行った。
「お姉ちゃん、スキーで疲れたから先にお姉ちゃんと将棋しようか?」
という事で、彼女がパジャマに着替えた後、まずは彼女と女友達の対局が始まり、女友達の説得もありババァも観戦していた。
ババァと俺で話しながら見ていた。


37: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 13:11:21.82 ID:Y99R/YM10
ババァがトイレに付き添えと言うのでついていき、介護するのかと戦々恐々としていると、ババァが言った。
「いつものようにここにいて、友達と遊べないから将棋ばっかり強くなってしまいましてねぇ。可哀想に…」
ババァは続けて言った。
「このババァももう先も長くないし、ここも稼げる仕事じゃない。
お客さんみたいな父親が現れて孫娘の面倒見てくれると、このババァも安心してあの世にスキーしに行けるんですがねぇ」
ババァにしてはイマイチなオチだったあたり、慌てて笑い話に持っていこうとしたらしかった。
ただ彼女を「孫娘」と言ったのを聞き、ババァの人柄のよさを感じた。


38: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 13:18:14.10 ID:CbS0Edqc0
その後、部屋に戻り、ババァが将棋が終わらないうちに部屋から出ていくと、有利だった女友達がミスを連発し、負けた。
彼女が嬉しそうにジュースを取りに行った後、女友達が言った。
「私もう寝るけど、手出しちゃダメよ?」
「出すか(笑)」
彼女が持ってきたジュースを飲み干すと、女友達が言った。
「今日はお姉ちゃんと寝ようか」
「えっ…」
驚いた彼女にこう続けた。
「将棋終わったらおいで」
「…うん!」
彼女は緊張気味で答えた。
流石我が友、女友達は自分の部屋に行った。


39: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 13:28:08.72 ID:q/rXRTTo0
彼女は明らかに動揺し始めた。
お互い会話が無くなったが、経験の差で、割と落ち着いて彼女を観察出来た。
彼女は完全に緊張していた。
将棋も彼女の敗戦濃厚だ。
パチン、パチンと将棋の駒の音だけが響く中、俺は、パジャマの隙間からチラチラ見える胸に興奮してきた。
そして、彼女の王を取った。
「あっ」彼女はミスに気付いて久々に声を出した。
俺が将棋盤をよけると、彼女は正座して、握りこぶしをパジャマの上に置いていた。
「今度は俺が勝ったんだから俺の言う事聞いてね」
彼女は、一度、首を縦に振った。


40: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 13:32:58.08 ID:fhsjxdfq0
俺がキスをしようとすると、彼女も唇を近付けた。
俺は彼女をお姫様だっこして布団の上に寝かせ、掛け布団をよけてタオルを敷き、再びキスをした。
そして、キスをしながらパジャマの上から弾力のある胸を揉むと、早く見たい衝動にかられた。
ボタンを外し、ブラをしてなかった為、すぐに胸が露になった。
「ブラ、してないんだ?」
「一つしか持ってきてないから…」
ズボンを下ろすと、ノーパンだった。
彼女は、胸と割れ目を隠して言った。
「お母さんが間違えて持って帰って…」
俺は彼女にキスをした。
彼女も待ちわびていたかのように、腕を背中に回してキスをしてきた。


41: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 13:38:27.26 ID:eA/A3xFS0
俺はキスをしながら自分の服を脱いだ。
あまりの愛らしさに俺は、彼女と見つめあいながら半分賭けで「写真撮って良い?」と聞いた。
彼女は少し考え、頷いた。
都会にいれば俺なんかとせずとも経験出来ただろうが、ここは携帯も使えない田舎。
ネットに載せるつもりはハナから無かったが、そんなネットの世界をほとんど知らなかったのも幸いしたのかも知れない。
俺は彼女の全裸の姿や股を開いた姿、割れ目を開いた姿等を撮った。
割れ目を開いた姿を撮るのは嫌がったが、
「可愛いから」と言うと、毛布で顔を暫く隠していた。
仕方なく割れ目を俺が開いて写真を撮った。


42: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 13:43:41.59 ID:YGqKskE70
一通り写真を撮った頃には、彼女の身体を注視し過ぎて我慢できなくなって来ていた。
俺は、こっそりビデオを撮る事にし、バックに立て掛けるようにスマホを置いた。
「終わった?」
彼女は毛布で隠したまま言った。
「うん」
彼女はそれを聞くと毛布を取った。
俺がキスをしようとすると、恥ずかしそうにうつ伏せになった。
俺はうなじにキスをした。
「イヤッ」
彼女が驚いて声を出した。
俺は構わず背中にキスをしながら舐めた。
彼女は身体をピクッ、ピクッと震わせながらうつ伏せのままでいた。


43: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 13:53:43.11 ID:zuzaFs790
うつ伏せになってくれたのはちょうどよかった。
俺は彼女の可愛い尻を揉んだ。
揉んだ事のない感触の尻がまたもや俺を興奮させる。
「もうイヤや…」
俺は彼女の耳の近くに行き、
「お尻高く上げて」
と言うと、彼女は首を横に振る。
「恥ずかしい」
「将棋負けたやろ?」
「…」
「じゃあもっと恥ずかしい事するよ?」
俺は彼女の尻を横から叩いた。
パチンという音とともにプルンと尻が揺れた。


44: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 16:20:55.73 ID:sgC5HTg90
「イヤ…ダメ…」
彼女は尻を隠して仰向けになった。
彼女がようやく俺と目を合わせて言った。
「乱暴にせんで……………」
彼女はまだ何か言いたげだった。
「分かった。」
「お尻…高く上げれば良いん?」
「そう」
「…分かった。」
彼女は少し間を置いて意を決したようにうつ伏せになり、顔を横向けて尻を突き出した。
俺は彼女のパジャマをくわえさせ、両手で尻を開かせた。


45: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 16:23:38.97 ID:JYFWQ+/G0
俺が右手首のあたりで彼女の太股を引き寄せるようにし、指で割れ目をなぞると、ピクッと震えた。
そして左手で彼女の後ろの穴を撫で始めると、彼女は痙攣し始めた。
声出されるとまずいので、驚かさないように
「お尻の穴、舐めるよ?」
と予告すると、彼女は首を横に振った。
「将棋負けたやろ?」
と言うと、彼女は首を振るのをやめ、目を閉じてパジャマを噛んで歯を食いしばった。
俺は彼女の2つの穴を愛撫しながら、彼女の尻の穴を舐め、キスをし、吸い付いた。


46: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 16:43:19.78 ID:PdvgVB/H0
彼女は手を離し、右手でシーツを掴み、左手で噛んでいるパジャマを握りしめながら口に押し込むようにして声を出すのを堪えていた。
彼女は逃れようと尻を横に振るが、動かせない。
「可愛い」と俺の口から漏れた。
すると彼女が尻を動かさなくなり、次第に、俺が尻を舐めるのに合わせ、尻を縦に振りだした。
彼女の割れ目から愛液が溢れ出ているのが指づたいに伝わり、割れ目も舐めてやった。
愛液が何度も溢れ出る。
指を中に入れると、濡れまくっているのが分かった。
尻の穴の周りを舐めながら、二本の指をピストンさせ、
最後は割れ目をしゃぶりながらピストンさせて絶頂を迎えさせた。
彼女の愛液が口の中に注ぎ込まれた。


47: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 17:20:52.69 ID:+GvoFYA70
彼女が痙攣しながら余韻に浸っている間、彼女の尻を味わった。
そして彼女を起こし、
「今度は俺のを気持ちよくして」
「…」
俺は立ち上がり、彼女の手で握らせた。
そのままでいると、彼女も手を動かさなかった。
「動かしてよ」
「どうやって動かせば良いん?」
顔を背けながら言った。
俺が
「初めてなん?」
と言うと、横を向いたままの彼女の表情が悔しそうな表情に変わった。
「初めて嫌やった?」
彼女は言った。
何を言ってるんだ最高だ。


48: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 19:20:55.91 ID:L7k6A6tn0
「最高やん。手動かすよ?」
と俺が言うと、彼女の表情が和らぎ、首を縦に振った。
俺は彼女の手を上下させ始めた。
あっという間に固くした俺は彼女に言った。
「チ○チ○、舐めてくれない?」
彼女は首を縦に振ってこう答えた。
「何でもする…将棋負けたもん」
彼女はようやく正面を向いたと思ったら俺の方を見てきた。
何が言いたいか察した俺は言った。
「手動かしながら、先の方を下から上に舐めて」
彼女は言われた通り下から上に舐め始めた。
合っているか不安だからか、ずっと俺の方を見ていた。


50: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 19:36:32.53 ID:uPeCbgNX0
「軽くで良いから先っちょにキスしてよ」
と言うと、時折先っちょにキスをしながらしごき始めた。
いきり立ってしまい、フ○ラは難しそうなので、本番に移る事にした。
彼女の手を離し、2つ目のゴムを彼女にはめさせた。俺がしゃがみ、キスをしながら彼女を横にして唇を離すと彼女が聞いてきた。
「…セ○クスするの?」
「うん。したい。」
俺が答えると、
「…分かった。」
俺は彼女に股を開かせ、唇、首筋、胸、割れ目にキスをして挿入準備に入った。


51: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 21:04:46.64 ID:eOhm1tKU0
彼女に密着し、左腕と右肘で身体を支えた。
右手で彼女の口をふさごうとすると、彼女が慌てて言った。
「ねぇ!」
「ん?」
「私は、どうすれば良いん?」
「力まないようにしがみついて」
彼女は言われた通り、俺を抱き寄せた。強く抱き寄せたせいで、彼女の胸が更に強く押し付けられた。
「脚も、俺に絡めて」
不覚にも少し出してしまった。
彼女は言われた通りに絡めてきた。
「少し力抜いて」
彼女が力を抜いたのを感じた。
「入れるよ?」
「うん」


53: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 21:37:32.97 ID:4Ra3IBG+0
密かに割れ目に入れる準備をしながら声をかけた。
「可愛いなぁ。言われた通りしがみついてるの?」
「だって…」
「初めて、貰っていい?」
「うん、あげる」
彼女が再び力を入れる前に右手で棒を割れ目に誘導して入れ、彼女の口を押さえて挿入した。
予想以上のきつい締め付けだったが、何とか指三本分はある棒を入れるのに成功した。
彼女が喘ぎ声を漏らしたので、俺は彼女のパジャマを取り、再びくわえさせてその上から手で押さえた。
俺はヒタスラ正常位で突いた。
というより正常位しか選択肢が無かった。
しかし、締まりの良い彼女の中は、彼女の若々しい肌と合わせて、正常位だけでも十分に楽しめた。


54: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 21:51:58.42 ID:cK+abrNS0
というより正上位しか選択肢が無かった。
しかし、締まりの良い彼女の中は、彼女の若々しい肌と合わせて、正上位だけでも十分に楽しめた。
俺は絶頂が近付くと、パジャマを口から取り、汗ばんだ彼女の顔を見て言った。
「胸に、出すよ」
「コン○ーム、してるから、中に…出して良いよ?」
「だめ。」
「私、胸小さいもん…」
「えー。オッ○イ可愛いから出したいのに」
彼女はそれを聞くと俺を抱き寄せて答えた。
「やっぱり、私も、オッ○イに出して欲しい」
俺は絶頂寸前までピストンし、中から抜いてゴムを外し胸に出した。
俺達は暫くキスをしたり身体を愛撫しながら余韻に浸った。
その後彼女は「お休み」と言って部屋を出て、シャワーを浴びた後、女友達の部屋で寝た。


56: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 22:18:26.73 ID:PQ+OHfTf0
俺は彼女が部屋から出て行くと服を着て暫くボーッとして、いつの間にか寝ていた。
起きた頃には彼女は既に学校に行っていていなかった。
雪で休校になるのに加え、彼女は雪で登校できない日が他の奴より多いため、
彼女は時々、先生のうちで勉強を教えて貰いに行っているらしかった。
女友達は久しぶりにウザく感じたくらい、ババァの目を盗んでは俺の方を見てニヤニヤ笑みを浮かべていた。
俺達はスキーに行ったが前日の「運動」で調子が出ず、先に帰った。


59: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 22:56:10.76 ID:xwzWn1go0
帰ると、彼女の母親がいた。
ババァは通院の日で、帰りはスポブラ娘と帰るらしい。
こたつで座ってお茶を飲んでいると、彼女(親の方)がお礼を言ってきた。
暫くスポブラ娘の話をしていた。
昨日の話をして、ババァも一緒に観戦していたと言うと、彼女は驚いていた。
将棋盤はジジィの形見で、お客を見守って欲しいと客室に置いてはいるが、ジジィを思い出すからあまり見たくはないと言うらしい。
客がいる中、客間に長々といるババァも、将棋盤のそばに長々といるババァも見た事が無いそうだ。


60: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 23:14:45.89 ID:EJ5+fh7G0
そんな話をした後、彼女が突然切り出した。
「あの」
「はい」
「もしよろしかったら、こんな×1ですが、連絡先交換して頂けませんか?」
「!?」
「娘があんなに人になつくの初めて見て、もしよろしければですけど…」
彼女の経歴からして、ババァの入れ知恵がなければしてなかっただろう。
彼女は、圏外表示の携帯を持ち出してきた。
「正にここはガラパゴスだな」と何となく思いながら、連絡先を交換した。


61: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 23:16:55.93 ID:XdDKj4fb0
なんだよこのイケメン
爆発しろ


62: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 23:21:46.15 ID:r0dZ2HlJ0
すると彼女は更に切り出した。
「あの」
「はい」
「さっき母から電話があって、郵便局にお金を下ろしに行って欲しいって頼まれたんですが、一緒に行って頂けませんか?」
本当に心臓に悪い親子だった。
俺は一緒に行く事にしたが、彼女はやけに山の中の道を通った。
「凄い道通るんですね」
と俺が言うと、
「本当は他にも道はあるんですが、村を横切りますし…」
彼女は何かを言おうとしてやめた。


63: えっちな18禁さん 2013/10/27(日) 23:27:43.64 ID:r0dZ2HlJ0
>>58
良い像蟻


>>61
土日にこんなの投下して時間潰す俺なんか爆破する価値ないわwww


書き溜めも未完だから最後まで書けるか分からんが


67: えっちな18禁さん 2013/10/28(月) 18:48:21.79 ID:iVnOtS6M0
「あれが村の中心部です。」
彼女は木の間から見える村の中心部を指差した。
小さな集落だった。
遠目ではあったが、昨日、アッシー男が乗っていた車らしき車もあった。
俺は何故山道を通っているのか納得した。
そして、これがババァの策略だと確信した。
俺が「別件」で内心困惑している事など知るよしもなく、彼女は手を握って来た。
彼女は、いつも、家の中でもガードが固そうな服を着て、お洒落さもわざと落としている感じがするが、素材だけ見ても、清純派アイドルと言われても納得するレベルだ。
多分ノーメイクだろう。
もちろんアイドルにしては厚着だが、着ぐるみを着たアイドルと言った趣だった。
郵便局が近付くと手を離したが、近くの個人商店でババァが外から電話する時用のテレホンカードを買い、
再び手を繋いで来た道を帰った。


69: えっちな18禁さん 2013/10/28(月) 18:59:50.10 ID:QtJOo+/m0
帰りつくと、手紙が置いてあった。
「晩御飯は病院の近くのスーパーで弁当を買って食べました。三人でスキー場に行ってきます。」
と書いてあった。
『ババァ!!!!!!!!!』
と叫びたい衝動に駆られた。
三人それぞれの内心が見えるようだった。
着替えに部屋に戻ると、意味不明な事に着替えがバックから出されていた。
着替えていると紙が落ち、読むと、女友達の字だった。
「お○○○ん!?
帰った後結果教えてねー☆」
察した俺がスポブラを探すと、バックの服の中にうまく隠されていた。
女友達の行動から、彼女も俺の手中にあると確信した。
そして、俺の中の背徳感か何かが、彼女の元へと向かわせた。


72: えっちな18禁さん 2013/10/28(月) 22:10:52.53 ID:we7XK1Hd0
俺が部屋を出ようとすると、部屋の外にはノックしようとしていたワンピース姿の彼女が立っていた。
「あっ」
彼女は驚いており、目も動揺していた。
彼女は焦りを隠すように言った。
「晩御飯の、準備しますね。お、お風呂も沸かしますからゆっくりつかって下さい。」
「あの」
「はい」
彼女が振り返った。
やはり動揺している。
「何か御用だったんですか?」
と、俺の口からクソ野暮な事を聞いてしまった黒歴史発言が飛び出した。


75: えっちな18禁さん 2013/10/28(月) 23:19:36.04 ID:WXkoOtbw0
「…その…」
彼女は伏し目がちになって押し黙った。
俺の心から後ろめたさが消え失せた。
俺は彼女の両肩を掴んだ。
いつもは押さえているのか、胸の膨らみがあり、チラ見してしまった。
すると彼女がそれに気付いてか空気を変えた。
「あっ、そうでした。お布団、敷きますね。」
彼女はそう言って俺の手を振りほどいて部屋の中に入って行った。
彼女は電気をつけ、カーテンを閉め、布団を敷き始めた。


76: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 00:03:36.71 ID:1ycHn/bU0
彼女の脚が初めて見れたが、スポブラ娘と同じく綺麗で肉付きは流石大人の魅力と言ったところだ。
俺はズボンを脱ぎ、服も脱いだ。
彼女は、こちらを見ずに布団の準備をした。
彼女がシーツを整えている後ろに座り、後ろから肩を掴んだ。
彼女は振り返った所で彼女を抱き締めて倒した。
キスをしようとすると、
「ダメです。」
と手を俺の口にあてて拒んで来た。
だが俺はもう止まれなかった。
手をどけてキスをした。
彼女もキスを受け入れた。


77: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 00:24:12.37 ID:IWSqSc1D0
ちくしょう…ちくしょう…
支援


81: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 18:32:01.42 ID:/P2LUhWa0
ワンピースを脱がすと、スポブラ娘とは逆の、大きな胸が見えた。
俺は人生で初めて2日で2人の女を抱いていると実感した。
俺はブラを上げて胸を露にした。
俺は綺麗な白い脚をさすりながら胸に吸い付いた。
胸を強く掴み、弾力を味わいながら乳首を吸った。
それを彼女は、人差し指を噛んで堪えていた。
胸をしゃぶりながら下着の上から割れ目を擦ると、彼女は声を漏らした。
下着が少し濡れたのを見て、俺は下着に手をかけた。


82: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 18:35:48.54 ID:Qs//GurY0
彼女が下着を掴んで止めて言った。
「お願いします。電気、消して下さい。」
「自分でつけてくれたんじゃないですかー」
「そんな…」
俺が下着をよけると、大人の割れ目が見えた。
彼女は隠そうとしたが、俺が下着を脱がそうとすると、その手で下着を掴み、割れ目が露になった。
右手は口を押さえている。
無防備になった割れ目に指を入れてみると、やはり濡れていた。
俺は彼女の割れ目にしゃぶりついた。


83: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 18:40:12.00 ID:f7R6eYq90
彼女の喘ぎ声が響く。
俺が、割れ目の縁を舌の先で舐め回していると、彼女の手の力が抜けてきた。
更に一度割れ目に「チュッ」と音を立てて吸い付くと、彼女の喘ぎ声とともに体が一瞬浮き上がり、ガクンと手の力が抜けた。
それの瞬間に彼女の下着を一気に下ろした。
彼女は慌てて力を入れ直したが、既に手遅れだった。
彼女は割れ目を手で隠した。
しかし、俺が股を開かせるのには逆らわず、されるがままM字に脚を開いた。


84: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 19:08:59.11 ID:YQsySqA+0
俺は手を掴んで言った。
「見せて下さいよ」
「恥ずかしい…」
「大丈夫」
彼女はゆっくりと手をどけた。
俺はその手を膝にやり、脚を抱えさせた。
割れ目を開き、舌で舐めた。
次第に速くして行き、中をすすった。
彼女はされるがまま必死に堪えていた。
俺は、彼女の中に人差し指と中指を入れた。
クチュッと音を立てて抜き、彼女の顔に近付いてその指をくわえて見せ、彼女の口の前に出した。
彼女は目を閉じ、俺の手首を掴んで口の中に指を入れた。
彼女はゆっくりと目を開き、俺の手を持って指を暫く舐めていた。


85: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 19:49:43.09 ID:/jqQuRaN0
俺は彼女の横に横たわり、彼女を腕枕し、右手の指を再び割れ目の中に入れた。
彼女は俺の方を向き光悦の表情を見せた。
彼女の「気持ちイイ」という一言でペースを速め、絶頂を迎えさせた。
彼女は喘ぎ、彼女の中から液が噴き出した。
俺が彼女にキスをすると、彼女は更に大量の液を噴き出した。
俺は手を休めないまま、彼女の口の中に舌を入れた。
彼女は喘ぎながら俺と舌を絡ませた。


86: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 20:20:17.64 ID:8q+Q/dwH0
俺が指を止め、数度キスした後、大の字になった。
彼女は暫くの間、俺の横に寄り添うように寝ていた。
その後、彼女は起き上がり、俺のパンツを脱がした。
俺の棒を彼女の顔の前でゆっくりしごき、暫く息が棒に当たっていたかと思うと、彼女は意を決したように袋の近くの裏筋に吸い付いてきた。
俺は僅かに液を漏らした。
彼女は構わず棒を舐め、右手で丁寧にしごいた。
俺はあっと言う間に絶頂に達した。
俺が絶頂の余韻に浸っていると、彼女は俺の白濁液をなめ回して掃除した。


87: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 21:19:36.68 ID:BeK+f+EO0
彼女が棒を掴んだまま顔を近付け、キスをしてきた。
俺達は舌を絡め、互いの性器を愛撫した。
顔を離した彼女を、俺は左手で彼女の顔を寄せ、再びキスをし、彼女を仰向けにした。
数度キスをした後、ズボンから最後のゴムを取り出した。
俺が袋を破ろうとすると、
「待って…」
と彼女が言い、起き上がった。
「私が…」
彼女に袋を渡すと、彼女は袋を暫く握りしめた。


88: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 21:48:29.85 ID:qaz8hrVJ0
そして、ゴムを投げ捨て、俺にキスをして言った。
「このままして下さい」
「えっ!?でも」
「中に…出して…」
「!?」
「もう私には、貴方しかいないんです」
「…」
彼女は俺の手を彼女の左胸にあてて言った。
「お願い…」
俺は、彼女に生の棒を入れた。
正上位もほどほどに、彼女は俺の上に股がり、自ら棒を受け入れて腰を振った。
俺は横になり、豊満な彼女の胸を堪能した。


92: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 22:43:49.24 ID:MfdrFKT40
まだか


93: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 23:40:07.42 ID:3IYtfPTl0
その後、彼女は後ろを向いて俺の上で腰を振り、俺は彼女の尻を形の良い尻を堪能した。
彼女のほどよい重量感がたまらなかった
彼女を立たせて壁に手をつかせ、後ろから突くと、彼女もゆっくり腰を動かした。
俺は彼女の右足を上げさせて激しく突くと、彼女は絶頂に達し、液を垂らした後、座り込んだ。
後ろから彼女の胸を揉みながらうなじにキスをしていると、彼女も振り返ってキスをしてきた。
彼女は俺を引き寄せて横になり、キスをしたままゆっくりと布団の上に移った。
「俺も、もうイキそう…」
「来て、下さい…」
俺は正上位で再び挿入した。
息を荒くしながら腰を振る彼女に興奮を高められ、俺も激しく腰を振ると、
彼女が再び絶頂に達した。
俺はたまらず声を上げた。
「もうだめ、出すよ!」
「出して!出して!」
俺は彼女の中に白濁液を注ぎ込んだ。


94: えっちな18禁さん 2013/10/29(火) 23:44:36.25 ID:LFPoe2qp0
暫く彼女の胸を揉みながらキスを交わし、その後、夕食の準備をしているとババァ達が帰って来た。
しかし、この時使わなかったゴムが、災いをもたらすとは思いもしなかった。


96: 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:20) 2013/10/30(水) 00:34:52.86 ID:636ygFq90
うむお疲れ

また頼むよ