【実話オンリー】職場であったエロ体験【一歩間違えるとセクハラ】

MENU

職場でのエロ体験とか御褒美としか思えない!

まるでAVの企画物かよ!とツッコミを入れたくなる程の体験談が書き込まれています。テーマは職場でのエッチな体験についてです。いや~想像しただけで職場の新人OLを調教したくなります(笑)まあ、自分はサラリーマンではないので、この手の職場セックスの願望を叶えるとしたらイメプレ電話エッチで対処するしかないですが(汗)スレッドを見てみると実に自慢話だろ!と言わざるを得ない体験談ばかりが踊っていましたね。いや~可能であればこんな興奮しそうな体験してみたい!

 

職場でのエロ体験

 

中でも気になった書き込みが女子高の教師が教え子とエッチな関係になりそうになった体験談ですね!実にけしからんと言う感じ!JKなんぞに教師と言う立場を利用して近づくなんてのは羨ましい・・・いや!実にけしからん行為だと思いましたよ!未成年と成人男性は例え合意の上でも、親の承諾が無いと列記とした犯罪行為に当たりますからね!

 

やはり、こんな職場でのエロ体験をリアルで味わえる人ってのは少なからずイケメンである事は最低限の条件だと思いますね。我々みたいなツーショットダイヤルで満足するような男達にとっては夢のまた夢なのかもしれませんね。

2: ほやほや 02/09/06 22:56 ID:FHzX02xH
まあこのスレ立てたのは今日の出来事を言いたかっただけなのじゃ。

ワシは職場では人畜無害で通しておるのじゃが、それが功を奏したのか若い事務員たちとは仲良くしておった。
さて3人居る事務員の中で、ひときわ巨乳の娘がおったのじゃ。
諸君はご存知かと思うが、巨乳のムスメはたいがい肩凝りに悩んでおる。


3: ほやほや 02/09/06 22:59 ID:FHzX02xH
ワシャ、チャンスを狙っておった。そして今日その日が来たのじゃ。

倉庫でたまたま二人きりになった時、ワシャおもむろにそのムスメの肩を揉み始めた。
当然、ムスメは驚くわの。しかしそこは日頃の行動がモノを言っておる。
すぐに抵抗するでもなく身を任せてきおった。
ワシャ「これは凝っとるの~」とか言いつつ、ムスメの肩を揉み続けた。


4: ほやほや 02/09/06 23:04 ID:FHzX02xH
無防備に身を任せるムスメ。
ワシャ調子に乗って、「服を脱いで」と言い放った。さすがに深追いしすぎとは思っておったのじゃ。
ところがムスメは、無言のままボタンを外し始めるではないか。

そのまま下着姿のムスメの肩を揉み続けるワシ。もう下半身は破裂寸前じゃ。
ええいこうなればダメモトと、ワシャ、ブラのホックを外してやった。
それでもまだムスメは信用しきっているのじゃ。

それからどのくらい時間が経ったのかの。ワシャしまいにはその豊満な胸を弄りまくってしもうた。勿論「ココにツボがおるのじゃ」と言っての。


5: JOJO 02/09/06 23:05 ID:jyq8rGPY
終わりですか…?
微妙に続きが気になる


6: ほやほや 02/09/06 23:07 ID:FHzX02xH
堪能するだけ堪能したワシは、もう天国に登る気持ちじゃった。

それから暫く、最後の仕上げにそっと脱いだ服を肩に掛けてやった。
ムスメはそこで一言、言いおった。
「ありがとうございます・・またお願いしますね!」

ああ、しばらく極楽気分を味あわせてもらいますかの。


10: 02/09/06 23:51 ID:0r/t8n2A
私、以前、女子高の教師をしてました。
女子高って、若い先生なら誰でもモテルんです、マジで。
たいしてカッコよくない私でも、ある放課後、授業のプリントの準備してたら、3年生の生徒にトイレに誘われましたモン。


11: 02/09/06 23:56 ID:0r/t8n2A
その子は、複雑な家庭のお子さんで、
彼女自身も五反田でオシャブリのお店でアルバイトしてました。

で、彼女が来たときは、職員室には私一人。
最初は他愛もない話をしてたんですけど、
そのうち、「実は相談が・・・」ってなったんです。


12: 亀栗 02/09/06 23:56 ID:n5bFMtzs
何年か前、レストランで仕事してた時、厨房の流しでティンポ洗ってデートしてますた。


13: 続きは? 02/09/06 23:57 ID:OPoGdYOE
んでんで?燃え燃え


14: 11 02/09/06 23:58 ID:8KcLSLfz
つうか、女子高に若い男性教師は赴任させないんだけどな。普通は。


15: ヴォゲェー 02/09/07 00:00 ID:NQ94SohS
うるせーじゃますんな


16: 02/09/07 00:00 ID:DXGMYcgV
女子校だったけど若い男性教師いたよ。
やぱりモテてたね。


17: 02/09/07 00:02 ID:WDKlDc3B
で、「お店からか、彼氏からかわかんないけど、最近オカシイの」って。
私「何がおかしいの?」
彼女「・・・かゆいの・・・。」って。
私「・・・。どこが?」
彼女「・・・。アソコが・・・。」
私「からかってる?」
彼女「ううん。ホントに!」

ちなみに非常勤でした。


18: 02/09/07 00:06 ID:WDKlDc3B
私「で、それを俺に告白してどうすんのさ? 保険のセンセに相談してみ」
彼女「え~。恥ずかしいじゃん。それに先生なら非常勤だし、歳も近いし」
私「俺には恥ずかしくないのかよ? 別にいいけど」
彼女「でね。お願いがあるの。」
私「何さ? 金ならないよ。」


19: 02/09/07 00:10 ID:WDKlDc3B
彼女「違うよ。お金じゃなくて~。・・・。見て欲しいの」
私「??? 何言ってるの? やっぱからかってるな?」
彼女「ううん。ほんとに・・・。いいでしょ?」
私「いや。良くないよ。大体、こんなこと話してるのもマズイんだから」
彼女「いいじゃん。大丈夫だよ。私、先生のファンだし。チクったりしない」


20: 02/09/07 00:18 ID:WDKlDc3B
彼女「だから、お願い。ね?助けて。」
私「んなこと言われても・・・。大体、仮に見てあげるとしてもここか無理」
彼女「わかってる。私だって、そんなにバカじゃない。トイレ行こうよ。」
私「オイオイ。俺が女子トイレ入るの見られたら、俺クビ。だめだよ。」
彼女「○○館のヤツなら、人来ないし、平気だよ。行こうよ。」
いやあ、悩みました。彼女カワイイし。確かに○○館なら人来ないし。


21: いけいけ[sage] 02/09/07 00:22 ID:UGQ50xlG
>男さん
で、で、で?


22: 02/09/07 00:23 ID:WDKlDc3B
それに、彼女、おしゃぶりのプロですしね~。
彼女、誰もいないのをいいことににじり寄ってきて、腕を組まれて・・・。
腕まで組まれちゃって、私、連れて行かれる寸前でした。
でも、辞めました。
教師という良心からではなく、病気だったら感染されるのが嫌だったし、万が一、バレてクビになるのも嫌だったので・・・。


23: 02/09/07 00:30 ID:WDKlDc3B
期待に添えず、申し訳ないですが、以上実話でした。
結局、後日、ちゃんと医者に行って診てみらった結果、クラミジアだって言ってました。いやあ、ヤメテ良かった・・・。
ちなみに、私のいた非常勤室は、ちょうど非常階段が見える位置にありました。
で、彼女は他の授業で教室移動の際、窓辺で私がタバコを吸ってると、わざとパンチラして行っちゃうようなことをよくしてくれてました。


24: やか 02/09/07 00:32 ID:hpelXaOY
期待してたのは漏れだけか?


25: 02/09/07 00:34 ID:TKwT/wGu
>>24
漏れも


26: [sage] 02/09/07 00:38 ID:5JdofPok
転勤前の職場での出来事。
業務委託先の女の子たちと飲みしたわけさ。


27: [sage] 02/09/07 00:40 ID:WDKlDc3B
職場でなければ、別の生徒とオイシイオモイしたことあります。
ちなみに非常勤の契約終了後です。


28: [sage] 02/09/07 00:41 ID:5JdofPok
んでもってお気にの娘2次会に誘ったのね。
ちなみに仁は30♂娘22♀。


29: [sage] 02/09/07 00:43 ID:5JdofPok
割り込まないほうがよいかな?
sageる必要もなし?


31: いけいけ[sage] 02/09/07 00:51 ID:UGQ50xlG
あら?仁さんやめないで!


36: [sage] 02/09/07 01:21 ID:WDKlDc3B
仁さん、邪魔してごめんなさい。
オマケに返答もできずに・・・。またの機会お待ちしてます。


37: ほやほや 02/09/07 20:08 ID:QWVGF8eh
只今帰宅致しました。
今日は特に進展する事もなく終わりもうした。
しかし当人と顔を合わせた時はさすがに気まずい思いじゃった。だが 当人は意にも介していないようじゃった。
ワシの目線は思わず胸元に・・昨日コイツを揉みしだいたかと思うと感慨無量じゃ。ああカタチの良い張りのあるブツであった。

また進展あればその時に。それまで仁さんや、頼み申したぞ。


38: コピペ人([sage] 02/09/09 01:25 ID:P3Co0L3s
自分も講師で高校で先生してましたが、おいしいのありましたよ。
数年前で、ちょうどポケベルから携帯に移行してるときでした。自分も初めてもって、生徒、先生問わずメルアド交換してました。
んで、その8割はそのうち何もメールしなくなりましたが、そのうちの一人
ゆうこ(仮)とは続いたんですよ。
で、特に期待せずにずーっとメールしてたんですよ。


39: コピペ人(これは実体験です)[sage] 02/09/09 01:26 ID:P3Co0L3s
そのうち自分はいつまでたっても先生の採用試験にうからないので、先生をやめて引っ越したんですね。そして新しい仕事始めたあたりから変わったんです。
「最近肩こりひどくてなー。腰もいたいし」
「先生、ゆうこがマッサージしてあげるよ!」
「またからかってるんだろう?」
「ううん。本当だよ。今度先生ところ遊びいっていい?ゆうこ上手なんだよ。」
「うーん。まあ、もう先生じゃないし、いいか。じゃあ、たのむわ。」
「うん!期待してて!」


40: コピペ人(これは実体験です)[sage] 02/09/09 01:26 ID:P3Co0L3s
数日後、遊びに来たゆうこは、夏だったこともあって、Tシャツにタンパンでした。一生懸命マッサージしてくれました。うつぶせの自分の上にのって、もみもみ。しばらくそうしてたら、ゆうこが背中に身体を預けてきました。
「先生・・・。このまましていてもいい?広い背中・・・。」
胸の感触が良い感じ・・・。
あれ?ぽちっとしたのが感じる。
「ゆうこ、お前下着は?」
「ん。付けてない」
「・・・。」
襲っちゃいました。

以上です。


43: [sage] 02/09/09 23:32 ID:g2sexg6P
きっかけは、たまたま休みの日に愛(仮名)ちゃんに会ったことでした。
当然、おさげの制服姿とジャージ姿しか学校では見たことなかったので、タイトスカートと薄手のニットで髪を下ろした愛ちゃんは、とても新鮮で
カワイク見えました。
学校以外の場所で会ったせいでしょうか、その時始めて、愛ちゃんがとても綺麗なおっぱいをしているのに気付きました。
もちろん、直接見たわけではないですけど、洋服の上からでも目を奪われてしまうくらい大きくて形も良かったのです。
後でわかったことですが、1年生の愛ちゃんにとって、大きな胸はコンプレックスで、学校では目立たないように大きめの制服を着ていたそうです。


44: [sage] 02/09/09 23:35 ID:g2sexg6P
さて、私のファンを公言していた彼女は、学校以外で私に会えたのがよほど嬉しかったのでしょう。
「誰が見てるかわからないから、止めろよ」と嫌がる私に、
「大丈夫だよ~。先生も私も私服だし、私、学校の時と髪型違うし、メイクもしてるモン。わかんないって。」と、
ピタッと寄り添い、腕を組んで歩き出しました。
周りを気にする私にお構いなしにスタスタと先に歩くので、私の左腕は、彼女の暖かく柔らかいおっぱいに包まれました。


45: 02/09/09 23:38 ID:g2sexg6P
それまで巨乳未体験だった私は、そのあまりの心地よさに周りのことなど忘れ、いかに彼女の巨乳に左腕を密着させるかということを意識し、わざと歩調を遅め、
腕が胸に包まれるのを楽しんでしまいました。
休みだったせいか、ついつい「教師」という自分の立場を忘れてしまったのです。
メイクのせいか、愛ちゃんからはなんとも言えないイイ匂いもします。
そして、彼女が足を踏み出す度に、若さ溢れる、柔らかすぎず硬すぎずの
『もみゅもみゅ』とした極上の感触が私の腕に伝わってきます。


46: 02/09/09 23:43 ID:g2sexg6P
あぁ、ずっと歩いててもいいやと思っていると、愛ちゃんは近くの小さな公園に入り、腕を組んだままベンチに腰掛けました。
「ここならゆっくり話しできるよ」とニコニコと他愛もない話をしてきます。
歩いている時は、感触しか楽しめなかったのですが、こうして腕を組んだまま座って話していると、視覚的にも彼女の美巨乳を楽しむことができます。
私は、たいして面白くない話でも体をゆすって笑い、彼女の豊満なマシュマロの 『むにむに』した感触と自然と近づくカワイらしい唇を楽しみました。


48: 02/09/09 23:51 ID:g2sexg6P
これまでは、『若い先生はモテルから、変な気を起こさないように注意して』
と赴任した時に言われた言葉をキッチリ守ってきた私でしたが、この時ばかりは、
このままホテルへ・・・なんて思っていました。
 しかし、「もしバレたら・・・」と「もし嫌がられたら・・・」と小心者の私は、
なかなか切り出せずにいました。
すると・・・・・・・


49: 02/09/09 23:54 ID:g2sexg6P
愛ちゃんの携帯が鳴り出し、「ちょっと待ってて」と彼女はベンチを立ち上がりました。
タイトスカートから伸びる程好い肉付きの太ももに目が奪われます。
電話を終えると「お母さんからだった。家族でごはん食べに行くから、もう帰って来いって」と私に告げます。
家族仲の良い愛ちゃんは、「じゃあね、先生。すごい楽しかったよ。また、二人で話せたらいいね」と・・・


50: 02/09/09 23:57 ID:g2sexg6P
ニコニコと言って、駅の方に駆けていきました。
残された私には、スラッとしたオイシそうな脚がリズミカルに地面を蹴っていくのを眺めるのと、
正面で揺れているであろう二つの大きく柔らかな果実を想像することしかできませんでした。

 いやいや、本当に残念なことをした・・・と後悔しました。
しかし・・・


51: 02/09/10 00:00 ID:BBU78WYa
しかし、私は近くまたのチャンスが来るであろうことを確信していました。

というのは、3月で私が辞めるのが生徒たちに知らされること、
それによって、「今度電話するね」と言ってくれた愛ちゃんの言葉が
間違いなく現実になるであろうと思ったからです。

 案の定、それから数日後、愛ちゃんから電話がありました。
「先生、どうして辞めちゃうの?」不機嫌そうな、でも切なく寂しそうな声でした。


54: 02/09/10 00:03 ID:BBU78WYa
4月から、実家に帰ることを伝えると、なんと彼女は泣き声で
「じゃあ、しょうがないね。がんばってね」と言ってくれました。
彼女はいましたが、電話口で泣くのをこらえつつ話す愛ちゃんに、
ときめきを抑えることはできませんでした。
今なら絶対誘いに乗ってくるに違いない!
卒業式が終われば教員でなくなるし、デートしても問題ない。
もし面倒なことになっても、どうせ実家に戻るんだし、なんのこたあない。


55: 02/09/10 00:05 ID:BBU78WYa
そこまで頭ではじき出し、まさに誘うとした瞬間・・・。
「ねえねえ。先生が帰っちゃう前にもう一度二人で会いたいよぉ」と、
愛ちゃんから嬉しいお誘いの言葉が!
彼女から誘ってくれるなんて、これ以上好都合なことがあるでしょうか?


56: 02/09/10 00:07 ID:BBU78WYa
でも、「いや、でもさ、この前は偶然だったし、少しの間だったからいいけど。また二人で話してるところ、
学校の誰かに見られたら、愛ちゃん、停学とかになっちゃうかもよ」と私はもったいぶりました。
焦らなくても自分から針にかかってきてくれているのです。
もっともっと深く飲み込んでくもらって、じっくり引き上げを楽しませてもらおうと思ったのです。
でも、別にエッチじゃないんで、もう省略しますね。


57: [sage] 02/09/10 00:08 ID:BBU78WYa
結論としては、
「今までお弁当を作ってくれたりしたお礼として、私がお昼を作って食べさせてあげるから、
私のマンションに遊びに来る」ということになりました。
ご両親が大事に育ててきた愛ちゃんに彼氏がいたことがないのは知っていました。
「初物」ですよ、皆さん・・・。
大好きな私の部屋に遊びに来れるのです。愛ちゃんは本当に嬉しそうでした。


62: おすぎ ◆q9gBHs9E 02/09/10 00:20 ID:yxrGlnV7
今から猛勉強して教師目指そうかな。