テンガやセブンティーンなどのオナホ名器を利用すれば電話エッチで数倍の快楽を得る事が出来る

MENU

クチュ音擬音も自然に!オナホールと電話エッチのシナジー効果がヤバい!

皆さんは日常的にするオナニー(自慰行為)において、オナホール(オナホ)を利用していますか?私は月に1度のご褒美として、TENGAを愛用しています(笑)オナホってのは数年前までは非常にニッチなアダルトグッズでしたが、最近はTENGAの人気化で本当に一般的なマストアイテムになりましたよね。

 

そんなオナホール人気ですが、是非とも電話エッチと組み合わせて使って欲しいんです!もうオナホってのは電話エッチの為にあったのでは?と錯覚する程、相性は抜群ですからね。

 

何が凄いってオナホールにローションをたっぷりと注入すれば快感が高まるのに加え、クチュクチュと挿入する度に擬音が出る事なんです。この状態でスマホのマイク部分をオナホに近づければ女の子にまるで挿入しているかの様な音を聞かせる事が出来るんですね!

 

これは一度ハマったらリアルでのセックスより快楽は上なのでは?と思うほど中毒性が高くてヤバいですね。

 

更にオナホでの擬音とテレHに加え、イメージプレイや言葉攻めなどが組み合わさったらどうなるでしょうね?完全にバーチャルなセックスが実現出来ると思いませんか?個人的には声優志望のアニメ声の女の子とプレイ出来たら、パーフェクトなプレイになると確信しています。

 

そんあプレイに欠かせないオナホール!下記では個人的な名器2品の素晴らしさを少しだけ紹介したいと思います。

オナニストの神が生み出した名器「TENGA」

もはや男なら「TENGA」の存在を知らぬものはいない。オナホールの地位を世界的レベルまで広めた究極の発明です。TENGAを生み出したカリスマ実業家「佐藤雅信」氏は「オナニーの申し子」とまで呼ばれている真性のオナニスト。

 

何故なら彼は、2008年、2009年のマスターベータソン耐久時間男性部門王者に君臨しているからです。

 

自ら世界的なオナニストになる事で、オナニーの究極を具体化した訳です。彼の功績は是非とも電話エッチとのコラボで利用するべきマストアイテムだと断言出来ます。

TENGAの説明

 

TENGAは基本的に女性器の締め付けが半端じゃ無く強いので、その点は注意したい。抜かずの2発などが可能な方は問題なく発射してOKだと思いますが、一発が限度と言う方はその一発に神経を集中したい。ですからローションを大量に追加して感度を少しだけ減らす事が持続力に繋がります。

まるで思春期の初々しいセックスを思い出させる「セブンティーン」

セブンティーンの説明

個人的にはTENGAと並ぶ名器だと思っています。文字通りセブンティーンは17歳。最も思春期で女の子が輝いている時期のアソコを再現したオナホになります。

 

その締め付けは確かな名器。男性器に吸い付いていく感覚とでも言いますでしょうか?まるでタコの吸盤の様に絡みつく感覚はみこすり半劇場(笑)TENGA同様に基本的に締め付けは強いのでローションの加減などで感度を調節したい感じです。

 

上記のオナホールは確実に名器だと思います。だからこそ、電話エッチの時は贅沢に利用したい!毎回利用するのは金銭的にも厳しいので、個人的には自分へのご褒美として、毎月一度はオナホ電話エッチの日などを定めてプレイする事が楽しいと思います。