大人のおもちゃや擬音を駆使して音を使うと電話エッチで女の子がイキやすくなる!

MENU

擬音や音を効果的に使い電話エッチ上達の手助けにする!

男性に比べて女性は音や声に敏感な生き物です。更に五感を働かせるのが数倍男より上手いのも女性です。良くお化け屋敷やホラー映画を怖がる女の子がいますが、あれは弱い女を演出しているのでは無く、本能で恐怖や不安を感じる能力が高いからなんです。

 

これを電話エッチ・テレHに利用しない手はないとは思いませんか?今回は電話エッチで女性の五感にダイレクトに響く「音と声」の効果的な使い方について説明しますね。

 

今回は2種類のテクニックを下記で紹介したいと思います。

自分の「声」や「体」を駆使した擬音プレイ

自分の声と口を使う擬音プレイ

電話エッチの代表的なテクニックの一つと言えるのが「擬音プレイ」です。文字通り擬音プレイはセックス中の音などを自分の口で「声」として再現するテクニックです。簡単な所ではクンニリングス中のクチュクチュ音などを再現するなどですかね。方法は至ってシンプルで口の中に唾液を含ませて電話口で唾液をチュパチュパと吸ったり、キス音などを混ぜたりして再現するだけです。あくまで擬音プレイは想像の世界ですので、音が似ていなくても言葉で「お前のアソコこんなになってるぞ?」とか囁きながら、それっぽい音が出ればOKです。

 

女性は本当にこの擬音電話エッチに弱いですよ!「キスするよ?」などと言って手の甲にキスするだけで、女性は濡れてしまう事がありますからね。とにかく擬音プレイは女性を電話エッチで喜ばせる為にやる行為ですから、恥ずかしがらずに真剣にやって下さいね。

 

更に口を使わない方法もありますね。これにはローションなどがあると便利なのですが陰部にローションを塗って手淫している音を女性に聞かせるのです。これも立派な擬音プレイになります。こちらは声に出す擬音プレイでは無く実際にペニスを使うプレイなどで自分自身も気持ち良くなりながら電話エッチ出来るメリットがあります。

大人のおもちゃを利用した「音」の効果

音の出るアダルトグッズ

上記の口や体を使った擬音プレイがどうしても恥ずかしいなんて方は、道具に頼るのも手かもしれませんね。

 

まずはドンキやアダルトショップに行き、音の出る大人のおもちゃを買ってきて下さい。ピンクローター、バイブ、電マなどが一番効果的だと思います。つまり電池を入れて動かすタイプのアダルトグッズですね。

 

駆ってきたら早速、電池を入れてスイッチを入れてみて下さい。「ブイ~ン」「ウィンウイン」と音が出るはずです。この音を効果的に電話エッチプレイの最中に取り入れてあげるのです。簡単ですよね?

 

単刀直入に女性に「電マで攻めるぞ!股を広げてごらん?」と囁くのもいいですね~!更にテレHが盛り上がってきた時に突然ピンクローターのスイッチをオンして「クリに当てながら挿入するぞ!」とサプライズを演出しても女性は興奮するでしょうね。

 

この様に電話エッチには声で楽しむ擬音プレイと、実際にアダルトグッズなどを利用して擬似的な音の効果を出すプレイが一般的なテクニックとして存在します。

 

今回は基本的なプレイだけでしたが、実は何百種類の細かい方法などが存在します。今後はこの様な細かいテクニックを沢山紹介して行きますので楽しみにしていて下さいね!